タロママクッキング

作ってはいるんだよ・・・

あ~ぁ・・・何だか忙しい・・・。

あっ、皆様・・・1週間の御無沙汰です。
何だか、気ぜわしい日が続いています・・・。

やろうと思う事務仕事もPCを前にすると睡魔に襲われ、
ボーっとしているので一向に進みません。

きっと年齢とともに、処理能力が衰えてるんんだわぁ。
あ~ぁ・・・・若い脳が欲しい・・・・。

月に1回のお楽しみ、蘭子先生の所にだって行ってるんだよ。
でも、ブログにUPする気力が出ない(笑)

なので、簡単にご報告を・・・・。
まずは、先月。(おい!!先月の話かよ!)

ミラノ風カツレツ
少ない油でカリッと揚げたカツにバジルが入ったトマトソース
を添えて召し上がれ~


豚肉をバンバン叩き、薄くしなければならないので
ストレス発散にも役立ちます♪
Dscf4509

肉には、パルメザンチーズをつけて下ごしらえしたのでコクもあり
とーっても美味しいの~
Dscf4517

ソースは、トマト・にんにく・バジル・オリーブオイル・塩・コショウ
を入れるだけ~これは冷製パスタにも合うわぁ~
Dscf4559

そして、今月は・・・・

抹茶のシフォンケーキ
ホイップクリームとゆであずきを添えれば和風テイストの
おもてなしにもピッタリ♪


材料はシンプルながら、フワッフワッのシフォンを焼くのは
難しいらしい・・・
Dscf4893

しっかりとしたメレンゲを作ったあとは、泡が消えないうちに
生地と混ぜるのがコツ!スピードが大切よ~

Dscf4912

焼きあがったシフォンは、見事にフワッフワッ~~~
タロママはこのシフォンを極めたい!!と思いました。

作ったものは、そのままお持ち帰りなので、タロ・ゲンに
見せびらかしながら、美味しくいただくのですが・・・。

Dscf4762

えっ?えぇ・・・・。
いつも頑張って作っているんですが、何か?

Dscf4774

ふ・・・復習ですか?
家で、もう1回作るという事ですね・・・・・

タロママの中に、復習っていう言葉はインプットされていません~

<おまけ>
今回、蘭子教室通いグッズとして必須アイテムを調達しました。
Nちゃんが、100均で買ってきてプレゼントしてくれました。
Dscf4885

いつも一緒に通っている3人、お揃いです(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

フォンダン ショコラ

全国的にバレンタインディーですよ~

イベント好きなタロママは、タロ父が食べなくても
まぁ、自分がたべるさ!と思い・・・・
フォンダンショコラを作成!!

えっ?
もちろん、一人じゃ作れませんよ・・・・。

ここで、蘭子先生登場(笑)

今回は、タイムリーな日を選びバレンタイン用
のお菓子を作成。

憧れのフォンダンショコラですよ。
チョコケーキの中からトローッとしたチョコが・・・
あぁ~濃厚。ダイエットは明日から・・・・

まずは、中に入れるガナッシュ(トリュフ)を作ります。
生クリーム・チョコ・バターを混ぜ合わせますよ。
Dscf4194

大人の味付けで、ブランディーも入れましょう。
Dscf4195

氷水にあてながら絞れるくらいまで冷やします~
ここでタロママ・・・混ぜ過ぎてチョコに空気が入り
エアーインチョコみたいになってしまいましたが(笑)
Dscf4197

絞り袋に入れて、2センチくらいに絞りだし、冷蔵庫で
冷やし固めておきます。
Dscf4200

次にチョコレート生地を作成。
チョコ・バター・卵黄を混ぜまーす。
Dscf4203

そして、薄力粉・ココアを混ぜる~
Dscf4206

次にメレンゲを固めに作ります。
Dscf4208

そして、チョコ生地とあわせまーす。
Dscf4209

生地ができたら、型の半分くらい入れ、そこにさっきの
ガナッシュを埋め込みます。
Dscf4212

その上にまた、チョコ生地を入れてガナッシュを隠し・・・
200度で8分。
Dscf4220

焼き立てを切ってみると・・・・・
ほらぁ~中からチョコがトローリ~
Dscf4222

お家に帰ってきて・・・・
タロ・ゲンのおふたりにも・・・・見せてみました。
えっ?えぇ・・・・見せるだけですよ。
Dscf4235

いくら、バレンタインディーだからってねぇ~
チョコはねぇ~
Dscf3744

だよね・・・・
だったら、見せるなって事だよね~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

キャラメルのムース

さぁ~
今月の蘭子先生の教室ですよ~

今回は、キャラメルのムース。
どこだか牧場のキャラメルにも負けない美味しさですよ。

でもね、ムースって手早くしなきゃならない作業が
案外多くて、なかなか忙しかったわぁ~

まずは、ビスキーキュイエールという卵白で作るスポンジ
を焼きますよ。
何だか、タロママには聞きなれない言葉ですが…
この、ビスキーキュイエールでムースの器を作ります。
Dscf4001

うん、これ↑では・・・なんだか意味不明ね(笑)

で、今回はキャラメルのムースだから、もちろんキャラメル
を作るんだけど、これがまた・・・焦がさないように慎重に
しなければならないのよ。
Dscf4004

ここにゼラチンを加えて、今度は牛乳・生クリーム・卵黄
でムースを作り、そこにこのキャラメルを加えて、今度は
生クリームをホイップして、↑と合わせるのよ~

もう・・・何だか忙しくて写真も撮っていない(笑)

そうこうしている間に、さっきのビスキーキュイエールが
焼けましたとさ・・・。
Dscf4007

これを、形よく切って器を作るんだけど、まわりの切れ端
は、食べていいっていう事で、つまみ食い!!
食べてばかりいるので、作業の手も止まり気味~(笑)

↓このように型に敷きつめます。
Dscf4008

ここに、先ほど作ったムースを流し込み、冷蔵庫へ・・・

ある程度冷やして固まったら、上にキャラメルで作った
ナパージュ(おっ!また聞きなれないぞ・・・・)を流し込み
また、冷蔵庫へ~
Dscf4012

ナパージュってね・・・・
ほら、よく生フルーツが乗っているケーキのうえに艶出しで
プルンとしたゼリーっぽいのがかかってるしょ・・・・
そのキャラメル味って感じ(こんな説明ですいません・・・)

そして、しばらくしてから冷蔵庫から出し、型を取ると!!
あらぁ~お洒落なムースですこと~
Dscf4013

さっそく、食後のデザートに頂くとしましょうかね~
Dscf4020

はい。今回も、素敵でしょ!
でも、自慢じゃないけど蘭子先生がついていなかったら
作れませんよ(笑)

ほら、切ってみたのよ~
Dscf4028

甘さもひかえめだし、キャラメルがほろ苦で・・・・
タロ父、大絶賛ですよ~

もちろん、ゲンちゃんはテーブルから離れる事はなく。
Dscf4032

うん、そうは思いますが、これはワンコが食べるものでは
ないわけでしてね・・・・
Dscf4029

どんどん、近づいていますが・・・・・

Dscf4023

そういうタロくんも、落ち着いて見えますが実は内心ドキドキ!
きちんとお座りすれば貰えるはずだと思いこみ・・・・
お行儀良くしています(笑)

ゲンちゃんは、ついに強行突破に出ようとしていますが。
Dscf4038

あえなく皿を取り上げられましたとさ。

仕方なく空の皿を舐めて・・・・
Dscf4045

二人には、ビスキーキュイエールの部分をあげました
けどね・・・・
パリ仕込みのお味はわかったかしらね~

| | コメント (7) | トラックバック (0)

シュトーレンを作りましょう~

この頃、食べものネタが多いタロくん通心です。
一応、ワンコブログですから~(笑)

先日、蘭子先生にドイツの伝統菓子「シュトーレン」
の作り方を教わりました。

キリスト教ではね、クリスマスまでの間にアドヴェント
っていう期間があってイエス・キリストの生誕の日が近づいてく
るというお祝いをするのね。その際、身内や身近な友人
とささやかにティーパーティをし、シュトレンを薄く切って食べる
のよ~。ドイツではクリスマスと言えばケーキではなく、シュトレン
であると言えるほど、一般的なんだって~。

タロママ、クリスチャンではありませんが・・・・
職場は、キリスト教の理念を掲げ運営されている法人。

いつか、このシュトーレンを自分で作って静かに
イエス様の誕生をお祝したいなぁ~って思っていたのよ。

でもね、作ってみるとこれが大変だったのよ~
大変すぎるので、詳しい作り方は省略しますが・・・・(笑)

なんかね~ひたすら生地をこねるのよ。
Dscf3542

もともと、パン作り系は苦手なタロママ・・・・
この、こねる!!があまり得意ではない。

そして、発酵させる・・・
この待ち時間が、なんだか・・・・だるい(笑)
Dscf3545

生地には、ドライフルーツやらナッツ類やらがたくさん
入りますよ~
Dscf3541

で、もう1種類生地をつくるのよ・・・
ローマジパンっていうらしい。アーモンドプードル・バター
色々なスパイスなどを粉に混ぜるの。
Dscf3546

で、これと初めに作った生地を混ぜて、またこねる~
そして、ドライフルーツ・ナッツを乗せて・・・・
Dscf3548

また、こねる~
いろんな物が混ざってるから、こねにくいーーーーーー!

やっとできたものを成形して。
Dscf3552

ふーーーっ、ここらで力が尽きそうになる(笑)
で、また発酵させるのに、時間かかるし~

やっと焼きあがったのがこれ↓
Dscf3556

このあと、バターを塗って粉砂糖をかけて出来上がり~
Dscf3557

先生の焼いたものを試食しました~
Dscf3554

焼いてすぐのも美味しかったけど・・・・
シュトーレンは、10日くらい熟成した方が美味しいんだって。


と、言う事は・・・・・・
今週末に開かれる、お友達ワンコと開くクリスマス会の
頃が、一番美味しいんじゃないの~?

ここで、発表です!!(おおげさ~)
12日のクリスマス会に持っていくね~

タロママ手作りの、シュトーレンを召し上がれ❤

それにしてもね~
熟成した方が美味しいなんてね~
Dscf3105

同感です!!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

鍋バイキング開催!

先日、大々的に鍋バイキングを行いました~

どこで?って・・・
職場で(笑)

タロママの職場は、スタッフ16人の
こじんまりとした施設。
施設と言っても、2階建てで1階はリビング
2階はお部屋っていう感じの普通のお家です。

皆で、どっかにご飯食べに行こうよ~
って言っていたんだけど、所都合でなかなか
皆が揃わなくて・・・・・

じゃぁ~いっその事、ここでやろうよ~
という事になりまして・・・・

*で、何食べる?
*みんなでつっける鍋がいいんじゃない?
*何鍋にする?
*私、すき焼き~
*わたし、もつ鍋~

とか・・・・いい出し・・・・・。

結局、鍋バイキング・・・・・
5種類の鍋を作りましたよ・・・・・

タロママ、休みでしたが他の休みスタッフと共に
15:30から買出しですよ~

作るのは、奥さまが沢山いるのでおまかせ~
Dscf3442

おかげで、あっと言う間に出来上がり!!
Dscf3450

Dscf3451

Dscf3453

Dscf3454

画像がないけど・・・・
このほか、豚しゃぶ!!これが絶品で食べるのに夢中で
写真撮れなかったのよ~

みんなで和気あいあいと食べる鍋は美味しいね~
Dscf3456

ゲームやカラオケなども登場し、大いに盛り上がる(笑)
Dscf3464

スタッフの、子ども参加です~
Dscf3445

Dscf3446

この子達~時々ボランティアにやってきます。
やっぱり、お年寄りが喜ぶのは、子供や動物なのよ~

そうそう、動物といえばタロ・ゲンも・・・・・・・・・

あらっ、今日はいなのかしら?

Dscf3470

はっ!!そうだ・・・お留守番だった・・・・

だってさぁ、バイキングだから食べるのに忙しいしさぁ~
タロくん、キムチなんて食べられないじゃない~

Dscf3363

ふたり・・・・
次回は、行く気満々です・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

豚肉のパテです。

月1回のお教室に行ってはいるものの・・・
何だか、更新が遅れます(笑)

先月のお教室では「豚肉のパテ」を作っています~
Dscf3240

混ぜて焼く・・・という簡単作業でお手軽にできます~
Dscf3242

豚肉(バラでもこま切れでもOK)300g・豚レバー60g
豚背脂60gをたたいて、細かくします~

玉ねぎ50g・卵1/2・赤ワイン・ブランディー・塩・黒粒こしょう
にんにく・タイム・クローブ・ナッメグ・シナモン
を混ぜてよく練ります~

Dscf3244

型に入れて、ローリエを上に置いて、アルミでふたをして
湯をはった180度のオーブンで40分ほど焼きます~

焼きあがったら、冷ましてラップでくるんで冷蔵庫で1日
は寝かせてから食べる方がいいらしいよ。

お教室では、先生が作ったパテを試食しました~
Dscf3248

美味しいマスタードと、野菜のピクルスを添えればお洒落な
前菜になりますわよ~

クリスマスにどう?どう?できる奥様風よ~(笑)

タロくんの朝散歩の時に、近所のパン屋さんに寄りました。
朝散歩は辛いけど、焼き立てパンを買える楽しみはある!!
Dscf3388

パン屋らしからぬ店構えだけど・・・・(笑)
こだわりのパン屋さんで、朝の7時からいい匂いがします~

Dscf3391

だよね~
タロくんの、ご飯を買ってるわけじゃないしね~

ここで、サンドウィッチ用のパンを買い、この豚肉のパテ
を挟んで食べる!!
Dscf3356

いやぁ~美味しいわぁ~

朝散歩もこれで続けられそう~

| | コメント (9) | トラックバック (0)

豚肉のタルト

お待ちかね~

えっ?待っていないって?
そんな事言わないで、お付き合いください。

タロママクッキングのお時間です。

と、言いましてもこれは先月のお教室でした。
UP遅すぎですが・・・・・

今回は、「豚肉のタルト」
生のトマトを乗せて焼きますが、生のトマトは
焼くと甘味が出てとっても美味しいんだって~
簡単だから、みんなもやってみて!!

まずは・・・玉ねぎ 中1/4個をみじん切り
Dscf1963

続いて、豚こま切れ肉200gも細かくね~
Dscf1966

トマト中2個はうすーくスライスして、後で飾り付け。
Dscf1964

さきほどのたまねぎ・肉・にんにく(小1個)みじん切り
オリーブオイル大匙1・塩・こしょうを混ぜますよ~
Dscf1970

これで、種はできました。

続いてパイ生地・・・・・。でも今回は冷凍パイシート!!
ちょっと、奥さん。冷凍パイシートは便利よね~
袋から出して・・・・
Dscf1969

そして、2枚重ねて伸ばすんだけど・・・・・
タロママ、この麺棒使いが下手なのよ。
どうしても、片方に力が入り、均一に伸びないの~
Dscf1971

うまく伸ばすには、真中から上へ・・・そして真ん中から
下に・・・って伸ばすといいんだって~

蘭子先生に、なおしてもらって周りにたまご(卵黄)を塗って
縁を内側に折り、指で押しながら山を作ります。
フォークでプツプツするのを忘れないでね~
Dscf1978

ここに先ほどの肉を広げます~
Dscf1979

そして、トマトスライスを飾りますよ。
真赤で色鮮やかだわね~
お好みで、こしょう・オリーブオイルを追加してね♪
Dscf1981

緑はタイムです。先生の家のお庭の自家製。
株わけしてもらって、タロママのお庭にも移植しました~
Dscf1968

余熱しておいた200℃のオーブンで35分焼いて出来上がり!!
焼きあがりに軽く塩を振ります~
焼く前に塩を振ると、トマトから水分が出てパイ生地が
グチョグチョになるんだって~
Dscf1992

切り方にセンスがなく、なんか変な感じだけど~
美味しかったよ~

今回は冷凍パイシートを使ったから簡単だし、ちょっと
したおつまみにもいいし、持ちよりパーティーの時なんかも
出来る女風に見えるわよ~

帰ったら、やっぱりこの二人…
Dscf2189

家康か・・・・・?

Dscf2191

秀吉かっ・・・・?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

とりもも肉のパイ包み焼き

みなさ~ん!!
月に1度のタロママクッキングのお時間ですよ~

今回、蘭子先生に教えていただいたのは…
クリスマスにピッタリの「とりもも肉のパイ包み焼き」
はい・・・今から、クリスマスの練習しないと間にあい
ませんからね(笑)

先月のキッシュに引き続き、またパイ生地から
手作りしますよ~
Dscf1701

薄力粉・塩・砂糖・無塩バター・冷水・卵黄
先月のキッシュの時の生地は卵黄が入っていなかった
んだけど、今回は入っています。
なぜなら、卵黄を入れるとコネても硬くなりにくく、色も
美味しそうになるんだって~。
だから、料理の生地には卵黄を入れるといいんだって~

フードプロセッサーで、ガーーーッと混ぜて生地作成。
形を整え、冷蔵庫で冷やします。
Dscf1702

次は、とりもも肉ですよ。
もも肉2枚を重ねてタコ糸で、グルグルにして塩・胡椒。
Dscf1705

そして、フライパンでこんがり焼き色をつけます。
Dscf1707

全面焼けたら、網にのせて冷まします。
Dscf1709

冷ましている間に、付け合わせを作りましょ~
きのこ3種とたまねぎのソティーですよ。
Dscf1712

酒類を入れて、ジューッとさせますよ。
Dscf1716

最後に、バター・生クリームも入れて、風味もアップ!!
Dscf1718

そうこうしているうちに、パイ生地も鶏肉も冷えたので
パイ生地を伸ばし、鶏肉を包みます。
Dscf1723

そのまま、焼いても楽しくないので飾りをくり抜いて、
模様をつけましょう~
Dscf1724

これを、さっきの鶏肉包みにペタペタします。
Dscf1728

卵を塗って、180度のオーブンで45分くらい焼くと・・・・・
Dscf1732

出来上がり~

これをロールケーキのように切って、付け合わせを
つけると、クリスマスにはピッタリ!!

やっぱり・・・ワインですかね~(笑)

出来上がった後は、蘭子先生の作ったデザートを
頂きながら、今回の反省をしたり自画自賛したり(笑)
今回の、デザートは・・・・・
ココナッツのブラマンジェとチョコレートスフレケーキ。
Dscf1730

いやぁ~美味しいですね~
お料理もいいけど、たまにはお菓子も教えてもらおうかな~

家に帰って、タロ父に自慢しながら、パイ包み焼きを切って
みる・・・(切り口ガタガタは見なかった事にしましょう)
Dscf1733

クリスマスじゃないのに、クリスマス気分♪

あっ・・・・でも、決して今年のクリスマスに・・・・
「タロママ凄ーい!!私にも作って~」
とか言って、注文しないように!!!!

Dscf1749


そうなの・・・一人で作る自信がありませんから。
一緒に通っている、Nちゃんは真面目に復習して、ちゃんと
家で作ってるんだわ・・・・

先月のキッシュなんか、何度も作って極めてしまっている
から・・・・・・。

タロママ、こうして教室で作るだけで、満足ですから(笑)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

きのことベーコンのキッシュ

行ってきました♪
月に一度のお楽しみ~蘭子先生のお教室

今回は、「きのことベーコンのキッシュ」
Dscf1084

キッシュって、自分で作った事ないわぁ。
でも、作れたら…何かセレブっぽくな~い(笑)

タルト生地から自分で作りますよ~
まずは、材料入れてクッキングカッターに入れて混ぜます。
おーーーーっ!早いね~
手でコネコネしてたら時間がかかるけど、これなら簡単!
このくらい固まったらOKですよ。
Dscf1085

そして、この生地を麺棒でのばします~
Dscf1086

のびたら、タルト型に敷きます。破れないように注意
して、周りは少し内側に立ちあがらせるのがポイント!
これを25分ほど焼きます。
Dscf1090

中に入れる具は、ベーコンときのこ。
Dscf1087

これをバターで炒めます。水分を飛ばす為に早めに
塩を振りますよ~
Dscf1092

炒めた具は、焼きあがったタルト型に入れますよ~
真ん中を500円玉くらいの大きさに空けておきます。
Dscf1095

そして、ソースを入れてチーズ・パセリをたっぷりと~
Dscf1098

これを、オーブンで焼きます~
そして、出来上がり!!
Dscf1102

まぁ~素晴らしいわぁ~
今日は、蘭子先生がいてくれたけど・・・・
一人で作れるかなぁ~

帰ってから、切ってみた・・・・
Dscf1104

タロ父も絶賛でした・・・・・。
何度も言うけど・・・・一人で、作れるかな・・・・

タロ・ゲンも、目が釘付けです・・・・・。
Dscf1107

| | コメント (16) | トラックバック (0)

洒落た料理

春に植えたバジルのが、グングンと大きく
なって、このままでは使わないうちに枯れそう・・・

タロ父に宝の持ち腐れだと嫌みをいわれるので
バジルペーストを作って保存しておく事にした。

まずは、刈り取って洗って、水切りしながらちょっと
干して乾かしておきます。
ほら、こうするといちいち拭かなくてもいいじゃない。
どこまで、ものぐさなんだって?
いいの、いいの!そんな声はきこえませ~ん。
Turu

いやぁ~でもね・・・・
バジルペーストはいいけど、どんな料理にしようかなぁ?
う~ん・・・う~ん・・・・。
いくら考えても、ジェノベーゼパスタしか思いつかない(笑)
10

Gen2

なんですとーーーーーー!!
そりゃぁ、今はパスタしか思いつかないさ・・・・
でも、タロママにはクックパッドっていう強い味方があるん
だからっ!

さぁ、気を取り直してバジルをミキサーにかけるよ~
ほんとうは、松の実なんかを混ぜるらしいけど・・・・
気にしない!気にしない!
バジルにニンニク、オリーブオイル、パルメザンチーズ、
そしてお気に入りの万能調味料・クレイジーソルトを入れて
スイッチオン!!
Mikisa

う~ん!!それらしくなってきましたよ~

でもね、葉っぱを取ったあとのバジルの茎に沢山の
花が咲いてるのよ~白くて小さくて可愛いの~

Hana

このまま、捨てるのは可愛そうだし、いい香りがするので
キッチンに飾っておきましょう。

Gen1

まぁ~ゲンちゃんったら・・・風情がないのね~
いつも、食い気だよ・・・・。

さぁ、出来上がったペーストを瓶につめましょうかね~
Binn

あらっ・・・・
沢山あったと思ったバジル・・・・
ミキサーにかけたら・・・少なっ・・・・・・。
あれだけの葉っぱじゃ、これしかできないのね~

来年は、もっと沢山収穫できるように頑張らなくちゃね。
2008_0612rennketu0016

なに?タロくん・・・・
たまに、肥料かけてたってかい!!

せっかく作ったバジルペースト・・・・
あ~どなたか・・・・・美味しい食べ方教えて~


| | コメント (15) | トラックバック (0)